イベント

天神祭奉納花火2022の日程やアクセスは?駐車場や穴場スポットも!

スポンサーリンク

東京の「神田祭」・京都の「祇園祭」と並ぶ日本3大祭、大阪の「天神祭」。

天神祭のフィナーレを飾るのは「天神祭奉納花火」です!

天神祭奉納花火の目玉は、大川に約100隻の船のかがり火と花火のコラボレーション!

とても幻想的で一生に1回は見てみたい花火です。

そこで今回は、『天神祭奉納花火2022の日程やアクセスは?駐車場や穴場スポットも!』と題して、

icon-check天神祭奉納花火2022の日程や場所は?

icon-check天神祭奉納花火2022のチケット(有料席)は?

icon-check天神祭奉納花火2022の屋台は?

icon-check天神祭奉納花火2022の穴場スポットは?

icon-check天神祭奉納花火2022の駐車場は?

icon-check天神祭奉納花火2022の歴史や見どころは?

についてご紹介していこうと思います。

どうぞ最後までゆっくりご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火2022の日程や場所は?

天神祭奉納花火の開催概要についてご紹介します。

開催日程:2022年7月25日(月)
打ち上げ時間:19:30頃〜21:00頃
開催場所:桜之宮公園

最寄駅から徒歩で数分ですので、公共交通機関を使っていくのが便利ですよ。

【アクセス】

◆電車

  • JR桜之宮駅西口から徒歩で2〜3分
  • 地下鉄天満橋駅から徒歩5分
ハニーちゃん
ハニーちゃん
会場近くのホテルや宿は早いうちに予約が◎!
ダーリンくん
ダーリンくん
満室にならないうちに予約しちゃおう!

天神祭奉納花火2022のチケット(有料席)は?

天神祭奉納花火はその知名度もあって、とても人気のお祭りで大変賑わいます。

人の多さで花火を見るのも一苦労!

せっかくの花火です、ゆっくり見たいですよね。

天神祭奉納花火では有料ですが、落ち着いて花火を見ることができる場所を確保することができますよ。

【有料席】

◆テーブル指定席:1テーブル22,000円

  • 1テーブル4名まで
  • 4枚のチケットが発行
  • チケットにはソフトドリンク1本・レジャーシートがプレゼント

◆砂浜自由席:1人4,000円

  • レジャーシート付きで、レジャーシートに座って観覧
  • ソフトドリンクがプレゼント
スポンサーリンク

天神祭奉納花火2022の屋台は?

花火といったらやはり屋台も楽しみたいですよね。

天神祭奉納花火では色んな屋台が出店しますよ。

  • 焼きそば
  • かき氷
  • フランクフルト
  • わたあめ
  • 牛串
  • スーパーボールすくい
  • 宝石すくい など

この他にも大阪ならではの「たこ焼き」や「お好み焼き」などもあります。

出店場所は主に3ヶ所です。

  • JR桜之宮駅から大川の両側
  • 天神橋筋商店街
  • 大阪天満宮境内

天神祭奉納花火2022の穴場スポットは?

花火をゆっくり楽しみたいけど有料席だとお金がかかるし…と思ってる方も多いのではないでしょうか?

実は会場まで行かなくても花火を堪能できる穴場スポットがあるんです!

会場からは少し離れてしまうのですが、人混みを避けたい方におすすめですよ。

大阪市公園周辺

住所:大阪府大阪市都島区網島町10-35

大川の東側なので、花火がよく見えます。

川崎橋

住所:大阪府大阪市都島区網島町

大阪市公園の通りにある橋です。

少し会場からは離れますが、綺麗に花火が見えますよ。

OAPタワー周辺

住所:大阪府大阪市北区天満橋1丁目8-30

ここでは迫力満点の打ち上げ花火を楽しむことができます!

この穴場スポットは割と知られているようなので、少し早めに行くことをおすすめします!

スポンサーリンク



天神祭奉納花火2022の駐車場は?

天神祭奉納花火では駐車場が完備されていません。

車を利用して会場へ行くためには周辺の駐車場を利用する必要があります。

会場周辺は15:00頃から交通規制が入るので、早めにお出かけしましょう。

◆NPC24H天満4丁目パーキング

  • 住所:大阪府大阪市北区天満4丁目12-17
  • 収容台数:21台
  • 営業時間:24時間営業
  • 料金:30分200円(8:00〜20:00) 60分100円(20:00〜8:00)

◆タイムズ天満宮別院駐車場

  • 住所:大阪府大阪市北区東天満1丁目8
  • 収容台数:64台
  • 営業時間:24時間営業
  • 料金:30分200円(8:00〜21:00) 60分100円(21:00〜8:00)

◆SPARK(スパーク)南森町

  • 住所:大阪府大阪市北区南森町1丁目3-17
  • 収容台数:18台
  • 営業時間:24時間営業
  • 料金:30分200円(8:00〜21:00) 60分100円(21:00〜8:00)

天神祭奉納花火2022の歴史や見どころは?

「天神祭」の中心となるのは、大阪天満宮で祀られている菅原道真公。

市内の繁栄ぶりを見てもらい、さらなる繁栄を祈願して祭りが行われます。

そして私たちが楽しみにしている奉納花火は、実は神様にご覧いただくために打ち上げているんです。

あくまで私たちは陪観させていただくという立場にあるとのこと。

このような背景を知って花火をみると、より神秘的に感じられるかもしれませんね。

そして、天神祭奉納花火の見どころはなんといっても「船渡卸(せんとぎょ)」でしょう!

ご神体を乗せた船たち約100隻が大川を下っていきます。

そのバッグには盛大な花火が打ち上がり、水面を一気に花火色に染まります!

その姿は圧巻ですよ!!

さらに「紅梅花火」は大梅の名所である大阪天満宮のオリジナル花火。

夜空を真っ赤に染めるこの花火も見逃せません。

スポンサーリンク



まとめ

今回は天神祭奉納花火についてご紹介してきました。

最後に開催概要をまとめておきますね。

  • 開催日:2022年7月25日(月)
  • 打ち上げ時間:19:30〜21:00頃
  • 開催場所:桜之宮公園
  • 有料席・屋台あり
  • 無料駐車場なし