イベント

新潟まつり花火大会2022の日程や穴場スポットは?駐車場や見どころも!

スポンサーリンク

新潟県で3日間に渡り行われる「新潟まつり」、その最終日に行われる花火大会が「新潟まつり花火大会」です。

花火以外にも、住吉行列、新潟キラキラパレード、水上みこし渡御、市民みこし、手づくり子どもみこしなど、たくさんの見どころのある大規模なお祭りになっています。

毎年県内外からたくさんの人が集まる大人気のお祭りです。

そこで今回は、『新潟まつり花火大会2022の日程や穴場スポットは?駐車場や見どころも!』と題して、

icon-check新潟まつり花火大会2022の日程や場所は?

icon-check新潟まつり花火大会2022のチケット(有料席)は?

icon-check新潟まつり花火大会2022の屋台は?

icon-check新潟まつり花火大会2022の穴場スポットは?

icon-check新潟まつり花火大会2022の駐車場は?

icon-check新潟まつり花火大会2022の歴史や見どころは?

についてご紹介していこうと思います。

どうぞ最後までゆっくりご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

新潟まつり花火大会2022の日程や場所は?

新潟まつり花火大会の概要をご紹介します。

開催日程:2022年8月7日(日)(予定)
打ち上げ時間:19:15〜20:55(予定)
開催場所:昭和大橋西詰

新潟まつりは毎年8月の初めの金曜日から日曜日にかけて3日間行われます。

そして花火大会はその最終日に開催されますよ。

祭りのフィナーレを飾る花火大会は見逃せませんね。

会場までは公共交通機関に行くのがおすすめです。

【アクセス】

◆電車

  • JR信越本線(新潟県)・JR白新線・JR越後線・上越新幹線新潟駅から徒歩15分
  • JR越後線白山駅から徒歩10分

◆車

  • 北陸自動車道「新潟西インターチェンジ」から約7km
  • 磐越自動車道「新潟中央インターチェンジ」から約7km

当日は会場周辺で交通規制がしかれますので、車で行く際は注意が必要です。

ハニーちゃん
ハニーちゃん
会場近くのホテルや宿は早いうちに予約が◎!
ダーリンくん
ダーリンくん
満室にならないうちに予約しちゃおう!

新潟まつり花火大会2022のチケット(有料席)は?

新潟まつり花火大会では有料観覧席が設けられています。

少しでも花火をいい場所から見たいという方はぜひ確認しておきましょう!

【有料観覧席】

  • 料金:2,000円/1席
  • 小学生以上はチケットが必要

過去の花火大会では全席自由席となっていたようです。

他の花火大会と比較するとリーズナブルな価格設定になっています。

気軽にチケットが購入できますよ。

スポンサーリンク

新潟まつり花火大会2022の屋台は?

新潟まつり花火大会は、たくさんの屋台が出店します。

3日間におよぶ大規模なお祭りの花火大会なので、出店の賑わいも凄いようですよ!

シートスペースもしっかり作られているのがわかりますね!

町全体がお祭りムードになっていて、そんな中で屋台を楽しむのもお祭りの醍醐味ではないでしょうか。

屋台は定番のからあげ、焼きそば、焼き鳥、かき氷の他にも、霜降りステーキや海鮮系など、ちょっと変わり種まであるようですよ!

新潟まつり花火大会2022の穴場スポットは?

人混みを避けて花火を楽しみたい、帰りの混雑に巻き込まれないように花火を観たいなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

穴場の花火鑑賞スポットもご紹介しておきますね!

昭和大橋付近のやすらぎ堤(万代側)

住所:新潟県新潟市中央区八千代

かなり広いスペースが広がっていますので、人混みを避けて迫力ある花火を楽しむのにおススメの穴場スポットです。

西海岸公園

住所:新潟県新潟市中央区西船見町5932−626

こちらは駐車場があり、帰りの混雑を心配する必要があまりない穴場スポットです。

会場から少し離れてしまうので、花火の迫力が少しかけてしまいますが、綺麗な花火を見ることができますよ。

スポンサーリンク



新潟まつり花火大会2022の駐車場は?

新潟まつり花火大会は臨時駐車場の用意はありません。

周辺の有料駐車場をご紹介していきます。

◆タイムズ新潟市役所分館

  • 場所:新潟県新潟市中央区一番堀通町3
  • 駐車台数:123台
  • 料金:200円/60分 最大料金 駐車後24時間 800円

◆フレンドパーク白山駅前

  • 住所:新潟県新潟市中央区白山浦2丁目197
  • 駐車台数:10台
  • 料金:最大料金 駐車後24時間 900円

新潟まつり花火大会では当日交通規制がしかれます。

車で行こうと考えられている方は大変な混雑が予想されますので、会場周辺にはお昼過ぎには駐車場確保で到着しておくことをおススメします。

新潟まつり花火大会2022の歴史や見どころは?

新潟まつり花火大会は、1955年にその歴史が始まりました。

住吉祭、商工祭、川開き、開港記念祭という4つのお祭りが1つになって、「新潟まつり」と呼ばれています。

このお祭りの最終日を彩るのが花火大会です。

3日間にかけて行われる大規模なお祭りで、パレードやお神輿など花火以外の見どころが多いのもこのお祭りの特徴です。

約10,000発打ち上げられる花火は、大型ワイドスターマインや、仕掛け花火のナイアガラ大瀑布など様々な種類があります。

信濃川河畔に写りこむ幻想的な空間を楽しむことができますよ。

スポンサーリンク



まとめ

今回は新潟まつり花火大会についてご紹介してきました。

最後に開催概要をまとめておきますね。

  • 開催日:2022年8月7日(日)
  • 打ち上げ時間:19:15〜20:55
  • 開催場所:昭和大橋西詰
  • 有料席・屋台あり
  • 臨時駐車場なし