イベント

関門海峡花火大会2022の日程や屋台は?有料席や見どころについて!

スポンサーリンク

山口県下関と福岡県北九州市門司区の関門海峡で行われる関門海峡花火大会。

海峡を彩る西日本最大の花火大会として有名ですよね。

2つの県が共同で行うということもあり、その迫力が評判です。

そこで今回は、『関門海峡花火大会2022の日程や屋台は?有料席や見どころについて!』と題して、

icon-check関門海峡花火大会2022の日程や場所は?

icon-check関門海峡花火大会2022のチケット(有料席)は?

icon-check関門海峡花火大会2022の屋台は?

icon-check関門海峡花火大会2022の穴場スポットは?

icon-check関門海峡花火大会2022の駐車場は?

icon-check関門海峡花火大会2022の歴史や見どころは?

についてご紹介していこうと思います。

どうぞ最後までゆっくりご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

関門海峡花火大会2022の日程や場所は?

関門海峡花火大会の開催概要についてご紹介します。

開催日程:2022年8月13日(土)(予定)
打ち上げ時間:19:50~20:40(予定)
開催場所:関門海峡沿岸一帯

広い範囲で花火大会を楽しむことができるのは、西日本最大の花火大会ならではですね。

会場までは公共交通機関が便利ですよ。

【アクセス】

◆下関側:山口県下関市あるかぽーと地区を中心に関門海峡沿岸一帯

  • JR山陽本線下関駅からバス5分→ 「海響館前」バス停から徒歩1分

◆門司側:福岡県北九州市門司区西海岸埋立地

  • JR門司港駅から徒歩で約5分
ハニーちゃん
ハニーちゃん
会場近くのホテルや宿は早いうちに予約が◎!
ダーリンくん
ダーリンくん
満室にならないうちに予約しちゃおう!

関門海峡花火大会2022のチケット(有料席)は?

関門海峡花火大会は、有料席が用意されています。

下関・門司側の両方に設けられていますので、お好みの場所をチョイスできますよ。

【下関有料席】

  • 一般入場料:500円
  • 特別観覧席:1,000円(小学生以上)

【門司有料席】

  • 協賛金:5,000円(1口)
    ※1口につき椅子1脚、新聞にお名前掲載
  • 特別協賛金:12,000円(1口)
    ※1口5人座れる桟敷席
  • 特別協賛金(S席):15,000円(1口)
    ※最前列限定、1口で5人座れる桟敷席
  • ペア席:7,000円(1口)
    ※1口ペア椅子席1脚
  • 環境整備協力席A:1,000円(1口)
  • 環境整備協力席B:500円(1口)
    ※環境整備協力席は指定席はなく、エリア内での自由観覧
スポンサーリンク

関門海峡花火大会2022の屋台は?

関門海峡花火大会には様々な屋台が出店します。

長い区間で屋台がずらーっと並ぶ光景は、夏のお祭りの風物詩ですよね!

たくさんの屋台がでるので、子供から大人まで楽しむことができますよ。

フランクフルトやイカ焼き、たこ焼き、綿あめなど定番の屋台は外せませんね。

関門海峡花火大会2022の穴場スポットは?

関門海峡花火大会は大勢の人で賑わう人気の花火大会です。

なので人混みが苦手という方や、ゆっくり花火を楽しみたい方は人が少ないところで花火を鑑賞したいですよね。

わざわざお金を払って有料席を取るのは嫌だなという人は穴場スポットがオススメです。

壇ノ浦パーキング

住所:山口県下関市壇之浦町6−1

下関側の穴場スポットで、迫力のある花火を間近でみることができます。

実際にここで撮った写真をSNSにアップしている方がいらっしゃいました。

めちゃくちゃ綺麗に花火が見えていますよね。

海峡ゆめタワー

住所:山口県下関市豊前田町3丁目3-1

海峡ゆめタワーは、入場料が必要になるものの下関側、門司側、両方の花火を楽しむことができるようです。

九州鉄道記念館の西駐車場

住所:福岡県北九州市門司区清滝2丁目3番29号

近くに屋台もあるのでしっかり花火大会を楽しむことができる穴場スポットです。

花火を見るには多少ビルの景色も入ってしまいますが、十分迫力のある花火を楽しむことができますよ。

会場でみるよりは、障害物があったり距離があったりしますが、人混みを避けて花火を楽しむことができるのでおすすめです!

スポンサーリンク



関門海峡花火大会2022の駐車場は?

関門海峡花火大会は残念ながら専用の臨時駐車場はありません。

車で行く場合は周辺の有料駐車場を利用しましょう。

【下関側駐車場】

◆下関市営駐車場 赤間町駐車場

  • 住所:下関市赤間町7番35号
  • 電話:083-223-8737
  • 収容台数:300台
  • 料金:最初の1時間 100円、以降20分100円・12時間までの最大料金 600円

【門司側駐車場】

◆小倉駅ビル駐車場

  • 住所:福岡県北九州市小倉北区浅野1丁目1-1
  • 電話:093-512-1339
  • 収容台数:360台
  • 料金:平日:200円/30分 当日最大1,200円
    土・日・祝:250円/30分 当日最大3,000円

花火大会当日は、近隣の駐車場が午後にはどこも満車になってしまうようです。

車で出かける予定の方は、遅くてもお昼ごろには駐車場を確保しておくことがおすすめです。

関門海峡花火大会2022の歴史や見どころは?

関門海峡花火大会は、もともとは下関の町づくり団体によって1985年に始まりました。

その後、1988年から関門地域で行われる関門海峡花火大会へ変わっていったのです。

日本の花火大会のトップクラスを誇る関門海峡花火大会は、約15,000発の花火を約50分に渡って楽しむことができます。

特に下関側からは、1尺5寸玉(直径45cm)の大玉が打ち上げられ、上空450mで直径450mの花が咲きます。

夜空を埋め尽くす、まるで降ってくるかのような感覚になる大きな花火は見どころですよ!

スポンサーリンク



まとめ

今回は関門海峡花火大会についてご紹介してきました。

最後に開催概要をまとめておきますね。

  • 開催日:2022年8月13日(土)
  • 打ち上げ時間:19:50~20:40
  • 開催場所:関門海峡沿岸一帯
  • 有料席・屋台あり
  • 専用駐車場なし