お役立ち

派遣顔合わせで退職理由は言うべき?企業側から質問された時の返し方

スポンサーリンク

派遣の求人に応募したら必ずと言っていいほど行われるのが、派遣先との顔合わせです。

初めて今後上司となるであろう派遣先の方と話す機会になるので、失敗したくないと思う人も多いですよね。

そんな不安ばかりの顔合わせで誰もが厄介だと感じるのが退職理由ではないでしょうか。

たくさんのお仕事を経験している人だと、マイナスなイメージに捉えられやすい退職理由は話し方に困ってしまうというのはよく聞く話です。

私も派遣先との初めての顔合わせは、どんなふうに話したらいいのかいつも迷って、当日はとても緊張してしまいます。

企業側から質問されたら答えないわけにもいかないので、何かしら準備はしておきたいですよね。

そこで今回は、「派遣顔合わせで退職理由は言うべき?企業側から質問された時の返し方」と題して、ネックとなる退職理由についてどのように対応すべきなのか解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

自己紹介で退職理由は言うべきか?

ダーリンくん
ダーリンくん
明日の顔合わせ緊張するなぁ。
退職理由はどんなふうに話したらいいんだろう。
ハニーちゃん
ハニーちゃん
悩んでいるみたいね、ダーリンくん。
自己紹介では退職理由は言わなくてもいいのよ!
ダーリンくん
ダーリンくん
そうなの!?
絶対に話さなきゃいけないと思い込んでいたよ!

退職理由を話した方がいいのか誰でも迷うところだと思いますが、結論からいうと、退職理由を自分から話す必要はありません。

なぜなら退職理由のほとんどが企業側にマイナスなイメージ与えることが多いからです。

例えば、もしあなたが面接官だとして、こんなことを話されたらどう思いますか?

・職場の人間関係が悪くて上司と揉めたから辞めました。
・残業が多すぎてしんどかったから退職しました。
・給料が低くて生活に困っていたから転職しようと思いました。

あまり印象は良くないですよね。

どれも企業に対する不満があって辞めたと捉えられるので、仮に採用しても同じことを思われて辞めてしまうのではないかと企業側は心配になります。

そんなリスクを背負ってまであなたを採用したいとは思わないですよね。

なので、わざわざ自分から評価を下げるようなことは言わなくてもいいんです。

顔合わせはあなたがどんなふうな経歴なのかというところも見ていますが、一緒に仕事をしていける人なのかというところを重要視しています。

つまり、あなたの「人柄」を見ているんです。

ですから、何でも素直にありのままを話すというよりは、企業側に一緒に働きたいと思ってもらえるような言動をすることが大切なのです。

企業側から質問された時の返し方

ほとんどの顔合わせでは、退職理由を質問してくることはありません。

ですから自分から退職理由を話さなければ、触れられずに顔合わせが終わるというのが一般的です。

しかし稀に企業側から「なぜ辞めたの?」と質問されることがあります。

そんな時に何も考えていないと、咄嗟に企業側のデメリットを話して印象を悪くしてしまうことがあるので、事前に質問された場合の返し方を考えておくことも重要です。

返し方のポイントは、退職理由をプラスなイメージで話すことです。

どういうことか分かりにくいかもしれないので、例文をもとに考えてみましょう。

こんなふうに退職理由を話されたらあなたはどう思いますか?

・前職で培ったスキルをより生かせる職種で働きたいと思ったからです。
・〇〇分野においてもっと高度なスキルを身につけたかったからです。
・資格取得のためにより実践的な知識と経験を積んでいきたかったからです。

どの答え方にも将来性と向上心があり、もっと自分を高めていくために前の会社を退職したんだなということが分かりますよね。

このようにプラスな理由で退職したと分かれば、採用した後もどんどんスキルを吸収し、企業の力になってくれそうだと企業側も期待が持てます。

あなたに対して可能性を十分に感じられれば、採用したいという気持ちも高まりますよね。

実際は何かデメリットを感じて前の会社を退職していたとしても、それをありのまま話すのではなく、別な視点から退職理由を見つめなおしてプラスの方向で考えてみましょう。

派遣先の会社で何かを学びたいスキルを身につけたい自分の能力を生かしたいというような、自分を成長させたいという向上心や企業のために役に立ちたいというようなアピールができるような内容で考えてみるといいと思います。

どんな質問にも言えることですが、ネガティブな内容よりも前向きな内容の方が好印象を持ってもらえるので、普段からポジティブな話し方ができるように練習してみるといいと思います。

まとめ

顔合わせのネックとなる退職理由の対応方法について解説してきました。

どんなふうに話せばいいかというのが分かれば、顔合わせでも不安なく乗り切ることができると思います。

そのためには事前準備がとても重要になってくるので、早めに質問された場合の返し方を考えておきましょう。

ここでもう一度大事な部分をおさらいしておこうと思います。

この記事で伝えたかったポイント

・退職理由は自分から話さなくてよい
・企業側から質問されたらプラスな理由で乗り切る

面接官も大体の人はネガティブな退職理由を抱えているというのは分かっていることの方が多いです。

それでも質問してくる理由は、あなたがどんなふうに話すのかという対応力を見ているのです。

顔合わせ当日になってから焦って失敗しないように、しっかりと前日までには準備してから臨みましょう。

スポンサーリンク