イベント

石田一斗の出身中学や小学校は?父母兄弟など家族構成やwiki風プロフィール!

スポンサーリンク

2021年8月9日から夏の風物詩とも言える甲子園が開幕しました!

様々な想いを抱えて頑張る高校球児の姿に胸が熱くなる人も多いのではないでしょうか。

甲子園に出場する選手の中にはドラフトも期待されるような優秀な生徒も。

明桜高校のメンバーである石田一斗選手もその一人!

同級生の風間球打選手と並んで注目されている選手なんですよ!

そこで今回は、『石田一斗の出身中学や小学校は?父母兄弟など家族構成やwiki風プロフィール!』と題して、

icon-check石田一斗の出身中学は?

icon-check石田一斗の出身小学校は?

icon-check石田一斗の家族構成は?

icon-check石田一斗のwiki風プロフィール!

についてご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

石田一斗の出身中学は?

ハニーちゃん
ハニーちゃん
石田一斗さんの出身中学は、羽曳野市立高鷲中学校だよ!

高鷲中学校は大阪府にある中学校です。

卒業生の中には、ミュージシャンの「シャ乱Qのまことさん」など有名人も多数いらっしゃるんですよ。

甲子園で活躍し、プロ野球界に進出となれば、石田一斗さんも有名人の仲間入りですね。

石田一斗さんは地元の中学校を卒業した後、現在の秋田県にある明桜高校に進学しました。

中学時代は藤井寺ボーイズという中学硬式野球チームにも所属していたようです。

藤井寺ボーイズに所属していたメンバーの多くが高校野球でも活躍されているんだとか。

このチームでは後ほど紹介する弟・石田恋さんとも一緒にチームとしてプレーされていました。

兄弟で同じスポーツに打ち込むなんて素敵ですね。

いい意味で一番身近なライバルであり、仲間なのでしょう。

刺激しあえる関係性ってとっても素晴らしいですね!

石田一斗の出身小学校は?

石田一斗さんは公立の中学校をご卒業されていますので、小学校も公立に通われていたと考えられます。

高鷲中学校の学区を調べてみると、下記の2つの小学校が見つかりました。

  • 高鷲小学校
  • 高鷲北小学校

おそらくこのどちらかの小学校に通われていたのではないでしょうか。

小学生の頃は兄弟で一緒にバトミントンの羽を打つなどの素振りをしていたんだそう。

この頃から兄弟仲良くスポーツを楽しんでいたみたいですね。

スポンサーリンク

石田一斗の家族構成は?

石田一斗さんの家族構成ですが、

  • 父親
  • 母親
  • 長女
  • 長男(石田一斗)
  • 次男(石田恋)

の5人家族だと思われます。

石田ブラザーズと兄弟が特に注目されていますが、お姉さまもいらっしゃるようです。

また、ご両親についてはあまり詳しいことは明かされていないのですが、どうやら幼少の頃はお父様から野球を教わっていたようですね。

夕飯前にはキャッチボールや素振りをするなど、野球の練習が生活の一部になっていたみたいです。

そんな練習をいつも隣で一緒にやっていたのが弟の石田恋さん

実は今回の甲子園にも同じ学校のメンバーとして出場されています。

兄弟揃って甲子園という大舞台で試合ができるなんて本当にすごいですよね。

実は「兄弟二人で甲子園に出る」というのは昔からの夢だったそう。

一斗さんが先に明桜高校に進学すると、恋さんも兄の背中を追って明桜高校に進学しました。

恋さんには他にも関西の強豪私立から声がかかっていたのですが、どうしてもお兄さんと一緒に野球がしたくて、その話を蹴って兄と同じ高校に入学されたのです。

恋さんの帽子の裏には「心の繋がり」という言葉が書かれています。

お兄さんと心を一つにして一緒に頑張っていこうという決意を記したんですって。

小学校からずっと一緒に野球をしてきたお二人の兄弟愛が素晴らしいですよね!

野球を教えていたお父様もきっと甲子園出場を心から喜んでいるのではないでしょうか。

甲子園では石田兄弟の二遊間というのも話題となっています。

これからの試合でも素晴らしい活躍をされることを期待したいですね!

石田一斗のwiki風プロフィール!

 

この投稿をInstagramで見る

 

秋田の高校野球(@akitakoshien)がシェアした投稿

プロフィール

名前:石田一斗(いしだいっと)

年齢:17〜18歳

身長:172cm

体重:76kg

出身地:大阪府羽曳野市

投打:右投右打

最高球速:143km

所属:ノースアジア大明桜

出身中学:高鷲中学校

石田一斗さんは最速143キロの速球を投げることができます。

多彩な変化球を操る好投手でもあり、特にスライダーにキレがあってすごいんです!

スライダーは藤井寺ボーイズ時代に、前田健太投手のユーチューブを見ながら練習したんだとか。

握り方を参考にしつつ、自分の投げやすい形に改良させたそうです。

縦と横に変化する2種類のスライダーは、石田一斗さんの生命線と言ってもいいでしょう。

そして抜群の制球力で、監督からも信頼を寄せられている選手の一人なんです。

打者としても3番打者として攻守に躍動感溢れるプレーを見せてくれます。

秋田大会ではデッドボールで怒りをあらわにするという場面もありました。

しかし、それだけ野球に対する想いが強いということだと思います。

明桜高校といえば同級生の風間球打さんに注目がいきがちですが、石田一斗さんも本当に素晴らしい選手ですので、ぜひ試合を観戦する際は注目してみてください!

ちなみに、風間球打さんについてもこちらでまとめていますよ。

ノースアジア大明桜高校の選手は、みんな実力揃いですごいですね!

まとめ

今回は明桜高校のメンバーでドラフト候補でもある石田一斗さんについてご紹介してきました。

甲子園では兄弟揃っての活躍も期待されている石田一斗さん。

得意のスライダーと最速143キロの球を武器に、夢の大舞台で存分に力を発揮してほしいですね!