イベント

利根川大花火大会2022の日程や打ち上げ場所は?屋台や穴場スポットも!

スポンサーリンク

茨城県で開催される利根川大花火大会は、例年20万人以上の人が訪れる大人気の花火大会です。

茨城県の夏の風物詩としても有名ですね。

打ち上げられる花火はなんと23,000発以上、他の花火大会よりも群を抜いたスケールだと言えるでしょう。

例年花火以外にも会場を盛り上げるステージやたくさんの屋台がずらっと並び、訪れる人々を楽しませています。

そこで今回は、『利根川大花火大会2022の日程や打ち上げ場所は?屋台や穴場スポットも!』と題して、

icon-check利根川大花火大会2022の日程や場所は?

icon-check利根川大花火大会2022のチケット(有料席)は?

icon-check利根川大花火大会2022の屋台は?

icon-check利根川大花火大会2022の穴場スポットは?

icon-check利根川大花火大会2022の駐車場は?

icon-check利根川大花火大会2022の歴史や見どころは?

についてご紹介していこうと思います。

どうぞ最後までゆっくりご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

利根川大花火大会2022の日程や場所は?

利根川大花火大会の概要をご紹介します。

開催日程:2022年7月16日(土)(予定)
打ち上げ時間:19:30〜21:00(予定)
開催場所:さかいリバーサイドパーク

例年7月中旬の土曜日に開催されています。

会場までは公共交通機関で行くのがおすすめですよ。

【アクセス】

◆電車

  • JR古河駅・東武鉄道東武動物公園駅から境車庫行バス 境町バス停より徒歩3分

◆車

  • 圏央道境古河ICから県道17号を境町役場方面へ4km
ハニーちゃん
ハニーちゃん
会場近くのホテルや宿は早いうちに予約が◎!
ダーリンくん
ダーリンくん
満室にならないうちに予約しちゃおう!

利根川大花火大会2022のチケット(有料席)は?

利根川大花火大会では有料観覧席が設けられます。

【有料観覧席】

  • プレミアムマス席:30,000円(定員6名)
  • プレミアム丸テーブル席:20,000円(定員4名)
  • マス席:21,000円(定員6名)
  • アリーナワイド席:16,000円(定員4名)
  • 丸テーブル席:12,000円(定員4名)
  • パノラマカメラ席:6,000円
  • ライブ席:1,000円
スポンサーリンク

利根川大花火大会2022の屋台は?

利根川大花火大会にはたくさんの屋台が出店します!

こちらは過去の大会の様子です。

たくさんの屋台の光と大迫力の花火が素晴らしいコントラストを作っていますね!

夏祭りの、あの独特の雰囲気が写真から伝わってきます。

屋台の定番メニュー、焼きそば、イカ焼き、りんご飴やわたあめはもちろんですが、中でも牛タン串がとても美味しかったという口コミが目立っていました!

早めに会場に行って、屋台巡りをしてみてはいかがでしょうか。

利根川大花火大会2022の穴場スポットは?

たくさんの人で賑わう花火大会ですので、人混みが苦手な方もいらっしゃいますよね。

そんな方にオススメの穴場スポットをご紹介します。

ごかみずべ公園

住所:茨城県猿島郡五霞町大字江川

会場から少し離れた場所にあるため、人が少ない穴場スポットです。

周囲に高い建物がないので、花火を綺麗にみることができますよ。

さくらの森パーク

住所:茨城県猿島郡境町大字長井戸小字2874

こちらも会場から離れた場所にありますが、駐車場があるので車で行かれる方にぴったりの穴場スポットです。

帰りの渋滞を上手く回避することができるかもしれませんよ。

境香取神社

住所:茨城県猿島郡境町宮本町1758番地

会場から近い場所にあり、大迫力の花火を楽しむことができます。

特に綺麗な写真を取りたい方にとっては、花火と一緒に鳥居も写真におさめることができるので、おススメの写真撮影スポットです。

スポンサーリンク



利根川大花火大会2022の駐車場は?

利根川大花火大会では臨時駐車場が設けられます。

◆境リバーサイドパーク河川敷内

  • 住所:茨城県猿島郡境町
  • 駐車台数:1,500台
  • 駐車料金:1,000円

◆茨城県立境特別支援学校駐車場

  • 住所:茨城県猿島郡境町大字塚崎2170
  • 駐車台数:1,000台
  • 駐車料金:無料

◆文化村駐車場

  • 住所:茨城県猿島郡境町大字上小橋540番地
  • 駐車台数:1,000台
  • 駐車料金:無料

◆ふれあいの里公園

  • 住所:茨城県猿島郡境町栗山815
  • 駐車台数:80台
  • 駐車料金:無料

臨時駐車場の中には会場からは離れた場所にあるところもありますが、会場までシャトルバスも出ていますよ。

当日は交通規制もあり、大変な混雑が予想されます。

駐車場を利用する際は、時間に余裕を持って会場周辺に到着しておきましょう。

利根川大花火大会2022の歴史や見どころは?

茨城県境町で開催される利根川大花火大会は、2022年に第35回目を迎えます。

利根川大花火大会では、山﨑煙火製造所、野村花火工業、紅屋青木煙火店の3社と、山梨県市川三郷町で行われている「神明の花火大会」のマルゴーが参加し、真夏の夜空に大輪の華を咲かせてくれますよ。

前回の第34回大会では、なんと23,000発も打ち上げられており、内閣総理大臣賞受賞歴のある花火師達が作った花火の素晴らしさは、他の花火大会とは一線を画します。

また、当日は花火や屋台以外にも、アーティストの方々によるライブステージも用意されていますよ。

過去には湘南乃風の若旦那やAKB48、小柳ゆきさんなどが参加していましたことも。

1日中たくさんの催しで楽しめるので、ぜひ予定を空けて訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク



まとめ

今回は利根川大花火大会についてご紹介してきました。

最後に開催概要をまとめておきますね。

  • 開催日:2022年7月16日(土)
  • 打ち上げ時間:19:30〜21:00
  • 開催場所:さかいリバーサイドパーク
  • 有料席・屋台あり
  • 臨時駐車場あり