イベント

東京(渋谷)の空に現れた巨大な顔のモデルは誰?口コミやネットの反応も!

スポンサーリンク

2021年7月16日(金)に「東京の空に巨大な顔が浮かんでいる!!」と騒がせた謎のアート。

直接見た方も、ネットなどで画像を見た方も、とても衝撃を受けたのではないでしょうか?

インパクトがすごくて、夢にまで出てきそうですよね。

そんな巨大な顔はある実在する人物をモデルにして制作されたそう。

その人物が一体誰なのか気になりますね。

また、このアートへの口コミやネットの反応などはどうなっているのでしょうか?

そこで今回は、『東京(渋谷)の空に現れた巨大な顔のモデルは誰?口コミやネットの反応も!』と題して、

icon-check 東京の空の巨大な顔アートって何?

icon-check 東京の空の巨大な顔アートへの口コミやネットの反応は?

icon-check 東京の空の巨大な顔アートのモデルは誰?

についてご紹介していこうと思います

スポンサーリンク

東京の空の巨大な顔アートって何?


突如、東京都渋谷区の空に現れた巨大な顔。

誰かのイタズラ?なんて思った方もいるかもしれませんが、これは東京五輪・パラリンピックに合わせて主催されたイベントの一つなんです。

現代アートチーム「目[me´]」という団体がこのアートを製作しました。

なんでも、プロジェクトメンバーの中の一人が中学生の時に見た夢を題材にして作られたんだとか。

なので、このアートの題名も「まさゆめ」になったんですって。

それにしても、空に巨大な顔が浮かぶなんて、通常では思いつかないような考えですよね。

これもアート的なセンスがあるからこそ生まれるものなのでしょうか?

このバルーンの大きさは約20メートルほどあるそうなので、実際に現地で見たら相当な衝撃を受けたことでしょう。

通勤や散歩中の時間帯に浮かんでいたようなので、朝の眠気も吹っ飛んだ人が多かったのでは?

見る人によって感じ方も色々ありそうなアートですね。

東京の空の巨大な顔アートへの口コミやネットの反応は?

今回の巨大な顔のバルーンアートについては、様々な口コミやネットの反応があったようです。

その一部をご紹介していきましょう。

口コミ
口コミ
「まさゆめ」というよりは「あくむ」なのでは?急に現れたら怖すぎる。
口コミ
口コミ
心霊写真かと思った!!!心臓に悪い(笑)
口コミ
口コミ
ピカチュウとかゴジラとかキャラクターの方が良かったな〜!

SNSなどでも反応を調べてみましたが、多くの方がこの巨大な顔に恐怖や気持ち悪さを感じていたようでした。

やはりハッキリと誰とも分からない人の巨大な顔となると、反応に困ってしまうというのが本音なのでしょうか。

また、この他にも人気漫画の「進撃の巨人」を思い出したというようなコメントもありましたよ。

確かに、本当に巨人がいたらこんな感じなのでしょうね。

ヒトをモチーフにするにしても、もう少しアニメよりの可愛いタッチであれば恐怖感は薄れたかもしれません。

あんな白黒の人物が真顔でこちらを見ていたら、ゾワっとする気持ちも分かりますね。

人々にいろんな意味で衝撃を与えたアートとして語り継がれそうですが、このバルーンのモデルとなったのは誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

東京の空の巨大な顔アートのモデルは誰?

このバルーンのモデルは「公募で選ばれた実在の人物」だと発表されています。

世界中の0〜90代までの1000人を超える人たちから応募があったそうです。

そんな公募してたんですね、全く私は知りませんでした(笑)

モデルとなった人物の詳細は公表されていませんが、ネットでは「森山直太朗さん」に似ているという声も多く見られます。


確かに似ている気がしますね!

公募となっているので、有名人でも応募して選ばれていれば可能性としては否定できません。

森山直太朗さんは、オリンピック精神を多くの方に伝える活動の一つとして開かれた「オリンピックコンサート2018」にもゲストとして出演された経歴があります。

少なからずオリンピックに関連するお仕事もされているので、こういうものに応募していたとしても納得です。

とはいえ、今回のアートは世間一般では「怖い」「気持ち悪い」と言った恐怖の対象として映ってしまっています。

そのせいで巨大な顔に似た人物に対して、「怖い」などの先入観が生まれなければいいのですが・・・。

そんなことも個人的に少し心配になってしまいましたが、皆さんも今日の夢に出てこないことを祈っています(笑)

まとめ

今回は東京の空に現れた巨大な顔アートについてご紹介してきました。

東京五輪を盛り上げるための一つとして主催されたプロジェクトのようですが、なかなかインパクトが大きい企画でしたね。

日常的にはあり得ない光景に恐怖を抱いた人も多いようですが、これはこれでオリンピックを意識する一つのきっかけになったことでしょう。

モデルは公募で明かされてはいませんが、森山直太朗さんに似ているという声がとても多いです。

もしかしたら、この企画に興味を持ったご本人が応募していたのかもしれませんね。

何れにせよ、多くの人に衝撃を残した巨大な顔バルーン!

今後もオリンピック関連の催しがあるかもしれませんので、楽しみにしていましょう。