お役立ち

体育の日がスポーツの日に変更される理由は?日付についても調査!

スポンサーリンク

2019年10月14日(月)は「体育の日」ですね。

日本国民の祝日として、学校やお仕事がお休みの人も多いのではないでしょうか。

実はこの「体育の日」が2019年が最後だっていうのをご存知ですか?

無くなっちゃうの!?と驚かれたかもしれませんが、無くなるわけではありません。

2020年から「体育の日」という名称が、「スポーツの日」に変更になるんです。

また、2020年は東京オリンピック開催ということもあり、日付も10月ではなくなるんです。

10月の唯一の祝日が変わるの!?と衝撃を受けた方も多そうですね。

私もなんで急にスポーツの日に変わって、日付も10月じゃなくなるのか、その理由は何?ととても気になってしまいました。

そこで今回は、2020年から体育の日がスポーツの日に変更される理由や日付ついて調査していこうと思います。

スポンサーリンク

体育の日がスポーツの日に変更される理由

ズバリお答えすると、教育的な運動のイメージである「体育」から、みんなで楽しめるような運動のイメージがある「スポーツ」に変えた方がいいのでは?という発想が出てきたからなんですよね。

なんで急にそんな話が出たの?と思うかもしれませんが、これは2020年に開催される東京オリンピックを見据えて出てきた話なんです。

東京オリンピックが開催されれば、多くの外国人が日本を訪れることになりますよね。

その時に「体育の日」と言われてもイマイチ理解してもらえなさそうですが、「スポーツの日」と言えば何だか分かってもらえそうじゃないですか?

体育の日が制定された1966年の「体育」という言葉のニュアンスと、現在の「体育」の言葉のニュアンスって、やっぱり時代の変化とともに変わってきていますよね。

そういう時代の流れも考慮して、さらに国民のみんなが運動(スポーツ)に親しんでもらえるよう名前が変更になったみたいです。

2020年のスポーツの日付はいつ?

2020年のスポーツの日は、7月24日(金)です。

・・・7月???

急になんで7月なの?と混乱の声も聞こえてきそうですが、これには理由があります。

この日付って東京オリンピックの開会式の日付なんですよね。

もしここが普通の平日のままだったら、大規模なイベントでたくさんの外国人も交通機関を利用する中、学校や通勤で利用する人もいて大変な混雑になってしまいます。

そのような混雑を少しでも緩和するために、2020年だけの特例としてこの日付をスポーツの日とすることにしたんです。

それに伴って、海の日も7月23日(木)に変更されると決まったので、7月23日(木)〜26日(日)までがお休みとなり、4連休の夏のシルバーウィークが完成されました。

その代わり、10月は祝日が全くないというカオスな日程になってしまったので、夏に思いっきり休んで楽しんで、来たる10月に備えましょうというところですね(笑)

ちなみに、2021年以降はスポーツの日が10月に戻るのでそこは安心してくださいね。

まとめ

ここまで、2020年から体育の日がスポーツの日に変更される理由や日付ついてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事でお伝えしてきたことを簡単にまとめてみます。

2020年から「体育の日」が「スポーツの日」に変更!

⦅理由⦆
東京オリンピックの開催を控え、教育的なイメージから楽しむ運動のイメージに変更したかったから。

⦅日付⦆
スポーツの日:7月24日(金)
海の日:7月23日(木)

7月23日(木)〜26日(日)の4連休が実現!

2020年は東京オリンピックも開催されるため、カレンダーも色々と変更がありますが、大規模なイベントは一生に一度かもしれませんので、全力で楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク