お役立ち

台風12号オーマイス2021の米軍ヨーロッパWindyの進路予想や九州の影響は?

スポンサーリンク

8月20日21時ごろに新たに台風12号が発生しました。

各地で大雨の被害が出ている中、さらに台風が接近するとなると、被害も広がることが予想されます。

台風12号がどのような進路なのか、いつどの地域に影響が出るのか詳細が気になりますね。

そこで今回は、『台風12号オーマイス2021の米軍ヨーロッパWindyの進路予想や九州の影響は?』と題して、

icon-check台風12号2021の名前は「オーマイス」

icon-check台風12号オーマイス2021の米軍の進路予想

icon-check台風12号オーマイス2021のヨーロッパの進路予想

icon-check台風12号オーマイス2021のWindyの進路予想

についてご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

台風12号2021の名前は「オーマイス」

2021年に発生した台風12号には「オーマイス」という名前が付けられています。

日本ではあまり馴染みがない言葉ですよね。

私なんて似ている言葉だと「オーマイパスタ」くらいしか知りません(笑)

実はこちらの名前は米国が提案した名称で、「徘徊」という意味があるんです。

なんだかちょっと不気味で怖いですよね。

どんな動きを見せるかわからない台風の不確実性を表しているのでしょうか。

特に今回は大雨の影響で各地で川の氾濫や土砂崩れなど様々な被害が出ています。

その中でさらに台風も接近ということになれば、被害が拡大することも予想されるでしょう。

ご自身の命を守るためにも、しっかりと防災対策はしておきたいところです。

昨年は養生テープなんかもものすごい勢いで売れていましたよね。

 

避難所に避難することも視野に入れて、寝袋やマスクといった最低限の防災グッズはあらかじめ揃えておいたほうが良さそうです。

いざという時にすぐに避難できるように、備えがあるか確認しておきましょう。

 

もし手元に何も準備してないという方は、今後のためにも準備しておくに越したことはありません。

そのうちと思っている間に必要な時がきてしまうかもしれませんので、後回しにせずに準備しましょうね。

台風12号オーマイス2021の米軍の進路予想

それでは各国の台風12号の進路予想を見ていきましょう。

まずは、米軍合同台風警報センター(JTWC)です。

 参照:米軍合同台風警戒センター

こちらは、日本時間で「20日の午後3時」の状況です。

こちらの「TD16W」というのが、今回発生した台風12号のことを表しています。

ちょうど日本の南に位置していますね。

この台風12号が今後どのような進路をたどっていくのか詳しくみていきましょう。


参照:米軍合同台風警戒センター

さて、気になる進路予想ですが、23日くらいから九州や中国・四国地方に向かって進む見込みです。

つい最近も大雨の影響で被害があった地域にまた台風がやってくるというような感じなので、今まで以上に警戒が必要になってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

台風12号オーマイス2021のヨーロッパの進路予想

続いて、ヨーロッパ中期予報センターの進路予想です。

緑色が濃いほど風が強いことを表しています。

日本時間:8月21日午前9時

参照:ECMWF

日本時間:8月22日午前9時


参照:ECMWF

日本時間:8月23日午前9時

参照:ECMWF

日本時間:8月24日午前9時


参照:ECMWF

日本時間:8月25日午前9時


参照:ECMWF

日本時間:8月26日午前9時

参照:ECMWF

ヨーロッパの進路予想図ではあまり台風のようなものが見えづらく分かりづらいですね。

ただ、全体的に九州や四国・中国地方には緑色の表示が出ているので、しばらくは最新情報をチェックしていくことが必要となりそうです。

台風12号オーマイス2021Windyの進路予想

続いてはWindyの進路予想です。

実際に動かしながら見ると分かりやすいと思います。

Windyもヨーロッパと同じくあまり台風と思われるようなものは見られないですね。

21日の夜〜22日の朝にかけて日本の西側に赤いものがありますが、23日〜24日には台風のようなものが見られませんでした。

まだ台風12号が発生したばかりで、予報も不安定なのかもしれません。

今後新しく情報が更新されましたら追記していきますね。

まとめ

今回は台風12号の各国の進路予想をご紹介してきました。

米軍の進路予想を参考にすると、23日頃から日本にも影響が出始めるような予想となっています。

沖縄や九州、そして四国や中国地方の方々は特に警戒が必要になると思われます。

常に最新の情報をチェックし、場合によっては避難などがすぐにできるように体制を整えておきたいですね。