お役立ち

台風10号ミリネ2021の米軍ヨーロッパWindyの進路予想や関西や関東への影響についても!

スポンサーリンク

8月5日16時ごろに新たに台風10号が発生しましたね。

前日には台風9号も発生していますので、これでダブル台風が日本に直撃ということになります。

どのような進路で日本に接近するのか、また関西や関東への影響についても気になりますね。

そこで今回は、『台風10号ミリネ2021の米軍ヨーロッパWindyの進路予想や関西や関東への影響についても!』と題して、

icon-check台風10号2021の名前は「ミリネ」

icon-check台風10号ミリネ2021の米軍の進路予想

icon-check台風10号ミリネ2021のヨーロッパの進路予想

icon-check台風10号ミリネ2021のWindyの進路予想

についてご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

台風10号2021の名前は「ミリネ」

2021年に発生した台風10号には「ミリネ」という名前が付けられています。

「ミリネ」なんて海外のお名前にも使われていそうな言葉にも聞こえますが、どこの国の言葉なのでしょうか?

実はこちらの名前は韓国が提案した名称で、「天の川」という意味があるそうですよ。

言葉の意味だけ聞くとなんだかロマンチックな感じもしますが、台風の名前ですからね。

特に今回はダブル台風が近づいていることもあり、防災対策はしっかりしておきたいところ。

昨年は養生テープなんかもものすごい勢いで売れていました。

 

また、停電も怖いですし、避難所に避難する場合は寝袋やマスクといった最低限の防災グッズが必要になりそうです。

 

基本的には防災グッズは長期間保存できるものが多いですので、この機会に備えておくのもいいかと思います。

これから特に台風シーズンに入っていきますので、今のうちからしっかりと対策しておきましょう!

台風10号ミリネ2021の米軍の進路予想

それでは各国の台風10号の進路予想を見ていきましょう。

まずは、米軍合同台風警報センター(JTWC)です。

 参照:米軍合同台風警戒センター

こちらは、日本時間で「5日の15時」の時のものです。

こちらの「TD14W」というのが台風10号のことを表しています。

ちなみに台風9号は「TS13W」と書かれているものです。

台風9号についてはこちらの記事で詳しくまとめてありますので、ぜひこちらもご覧になってください。

赤い矢印は、台風・熱帯低気圧を示しているので、台風9号・台風10号の他にも熱帯低気圧が複数ある状態というのが分かりますね。

ハニーちゃん
ハニーちゃん
台風2つと熱帯低気圧2つが混線してる状態ってやばすぎ!


参照:米軍合同台風警戒センター

さて、気になる進路予想ですが、7日から10日にかけて日本列島に沿うように進んでいくようですね。

7日には九州あたり、8日は関西から関東にかけて、9日には東北とどの地域でも影響を受ける可能性がありそうです。

また、同時期に台風9号も発生しておりますので、そちらについても警戒しなければなりません。

台風ラッシュになると、防災グッズを準備する時間すら取れなくなってしまいますし、今はオリンピック等で配送にも時間がかかります。

なるべく早く備えておきたいですね。

スポンサーリンク

台風10号ミリネ2021のヨーロッパの進路予想

続いて、ヨーロッパ中期予報センターの進路予想です。

緑色が濃いほど風が強いことを表しています。

日本時間:8月5日午後9時

参照:ECMWF

日本時間:8月6日午後9時


参照:ECMWF

日本時間:8月7日午後9時

参照:ECMWF

日本時間:8月8日午後9時


参照:ECMWF

日本時間:8月9日午後9時


参照:ECMWF

日本時間:8月10日午後9時

参照:ECMWF

8月6日頃に九州近くに台風の存在が確認できると思います。

その後北東へ進んでいますね。

8月9日には3つほど台風または熱帯低気圧のようなものが確認できますので、日本各地で影響が出そうです。

これほどまでに台風や熱帯低気圧が出揃うことって今までなかったのではないでしょうか?

最大級の警戒が必要かと思われますので、随時最新情報をチェックしてくださいね。

台風10号ミリネ2021Windyの進路予想

続いてはWindyの進路予想です。

実際に動かしながら見ると分かりやすいと思います。

やはり6日頃には九州に接近し始め、7日を過ぎるとどんどん日本列島に影響を及ぼしそうな位置で進んでいくのが分かりますね。

また、台風10号以外の動きもよくわかると思いますので、こちらを参考にしつつ8月6日から一週間程度は警戒した方が良さそうです!

まとめ

今回は台風10号の各国の進路予想をご紹介してきました。

九州の方では6日から影響が出始めそうですし、三連休となる7日〜9日は関東や東北でも影響が出そうな感じでしたね。

連休ということもあってお出かけの予定を立てていた人もいるかもしれませんが、場合によっては中止という選択肢も必要かもしれません。

災害に巻き込まれないよう最大限の注意を払いながら、この1週間を過ごした方が良さそうです。