イベント

即位パレードの手荷物検査の混雑や待ち時間は?持ち込み禁止品も調査!

スポンサーリンク

2019年11月10日(日)に天皇陛下の即位祝賀パレードが執り行われます。

当初は10月22日(火)に予定されていた即位祝賀パレードですが、延期となったためこの日を心待ちにしていた人も多いと思います。

そんな即位パレードですが、安全性の観点から、観覧ブースに入場する際には手荷物検査が実施されています。

その手荷物検査を受けないと観覧ブースに入ることができないので、必ず受けなければいけないのですが、そこがとっても混雑しているようなんですね。

即位パレード直前に行ってしまうと、手荷物検査に時間を取られて、即位パレードに間に合わないという可能性も出てきてしまうかもしれません!

また、どんなものが持ち込み禁止なのかも知っておいたほうがいいと思います。

そこで今回は、「即位パレードの手荷物検査の混雑や待ち時間は?持ち込み禁止品も調査!」と題して、

・即位パレードの手荷物検査の混雑状況と待ち時間
・即位パレードの手荷物検査の持ち込み禁止品

について調査していきたいと思います。

▼観覧ブース付近の仮設トイレの待ち時間や混雑状況についてはこちら

即位パレードの仮設トイレの待ち時間は?混雑状況と再入場の注意点も!2019年11月10日(日)に天皇陛下の即位祝賀パレードが行われるとあって、会場付近はとっても混雑しているようですね。 そんな観覧...

スポンサーリンク

即位パレードの手荷物検査の混雑状況と待ち時間

即位パレードの手荷物検査場の混雑状況ですが、12時の時点で、すでに大量の人が押し寄せており、表現するなら満員電車並みにぎゅうぎゅうになっているみたいです!


現地で手荷物検査待ちに並んでいる人からの情報だと、12時以降に並ぶ人は、手荷物検査を受けるまでに約1時間くらいは待ち時間が発生するのではないかと言っています。


手荷物検査はやはり安全性を確かにするために、厳しく行われているようですので、人の流れもそこまでいいわけではないようです。

一人一人をしっかりとチェックしているために、このように時間がかかっているのだと思います。

SNSに寄せられた手荷物検査場の状況はこのような感じです。


今後、即位パレードが始まるまでにどんどん人が増えていくことが予想されますので、これから行こうと考えている人は、なるべく早めに行った方がいいですよ。

また、この手荷物検査は、一旦観覧ブースから出てしまうと、もう一度入場する際にはまた手荷物検査を受けてからでなければ、入場することができません。

近くに仮設トイレが設けられてはいますが、何か所用で観覧ブースから出る際には注意してくださいね。

即位パレードの手荷物検査の持ち込み禁止品

即位パレードの手荷物検査で引っかかってしまうと、大幅な時間ロスになってしまうため、あらかじめどんなものが持ち込み禁止なのか知っておく必要があります。

持ち込み禁止品とされているのは下記の内容です。

<持ち込み禁止品>

・刃物やカン・ビンなどの危険物
・ライターや爆竹などの火気類
・ドローンなどの上空を飛ばすおもちゃ
・竿がついた大きい横断幕
・スーツケースなどの大きな荷物
・拡声器
・野球ボールや卵、水鉄砲などの行事の妨げる可能性があるもの
・自撮り棒やカメラ用の三脚など周囲に迷惑をかけるもの
・ペットボトル入りの飲み物
→※手荷物検査時に中身が危険でないことを証明するために、その場で飲んで見せて大丈夫ならOK

当たり前ですが、刃物やビン・カンなどの危険物は安全性の観点から持ち込み禁止になっています。

またペットボトルの飲み物も、中身の液体が危険物であると大変なので、その場で飲んで危険ではないということを証明する必要があります。

少しでも早く手荷物検査を終えたいのであれば、ペットボトルなども持ち込まずにいくと早いかもしれませんね。

まとめ

ここまで、即位パレードの手荷物検査の混雑状況や待ち時間、持ち込み禁止品についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

手荷物検査場は思った以上に混雑しているということが分かったと思います。

15時からの即位パレードに向けて8時から手荷物検査が行われていますが、12時の段階で待ち時間は約1時間となっていますので、今後も相当混雑するのではないでしょうか。

少しでも早く手荷物検査を通過するために、不要な飲み物などは持ち込まずに、手荷物検査で引っかからないようにするのも大事かもしれませんね。

手荷物検査は、一度観覧ブースを出てしまうと、入場時にもう一度受けなければいけなくなってしまうので、その点においても注意して観覧してくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク