イベント

スペクテータープラザ(ラグビーW杯)のブースや営業時間は?混雑も!

スポンサーリンク

ラグビーW杯2019が開幕し、試合会場は毎試合たくさんの人で賑わっていますね。

9月23日からは持ち込み禁止だった食品類も持ち込みOKとなり、ますます楽しく観戦ができるようになりました。

しかし、飲み物類に関しては持ち込み不可のまま方針は変わらず、会場内の飲食物ブースは混雑していて待ち時間がすごいとSNSでも話題になっています。

少しでも早く購入して、座席に戻って試合を観戦したい人にとっては、混雑具合がひどいのは何とかしたい問題ですよね。

そんな時は、会場内に設置してあるスペクテータープラザを利用するといいかもしれません。

スペクテータープラザとは、チケットを持っている人だけが入場できる特別なエリアで、様々なブースがあり、他のブースと比べると混雑具合も比較的落ち着いています。

会場で試合を観戦される方はぜひ利用してほしいエリアです。

そこで今回は、ラグビーW杯2019のスペクテータープラザのブース内容や営業時間、混雑具合などをメインにご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ラグビーW杯2019|スペクテータープラザのブース内容

ラグビーW杯2019の試合会場に設置されているスペクテータープラザは、下記のブースが用意されています。

<スペクテータープラザのブース内容>

icon-checkキッチンカーでの飲食物の販売
icon-check公式グッズ販売
icon-checkスポンサーによるブース

icon-checkパブリックビューイング

仮設トイレもあります。

キッチンカーでの飲食物の販売ですが、ハイネケンのドラフトビールは1杯1,000円で販売されています。

ソフトドリンクなども販売されていますので、お酒が飲めない方も利用してみてください。

また、公式グッズの販売もあるので、応援グッズなどはこちらで揃えるといいと思います。

スポンサーによるブースの出店もあるため、試合開始までの時間を存分に楽しむことができますよ。


他の試合も見たい時は、スペクテータープラザのパブリックビューイングでも観戦ができるので、早めに来場している人もいるようです。

仮設トイレも設置してあり、他のトイレに比べてスムーズに利用できるという声もありますので、ぜひ利用してみてください。

ラグビーW杯2019|スペクテータープラザの場所と営業時間

スペクテータープラザが設置されている試合会場は3つあります。

【東京会場】東京スタジアム
【神奈川会場】日産スタジアム(横浜国際総合競技場)
【大分会場】大分スポーツ公園総合競技場

各スタジアムの試合開催日に営業しています。

営業時間は試合によって異なるようなので、会場にて確認が必要ですが、スタジアム内に入場できる時間帯から営業をしていることが多いようです。

試合終了後もスペクテータープラザ内に留まることもできるみたいなので、帰りの混雑に巻き込まれるのが嫌な人や、ラグビー観戦の余韻に浸りたい人などは利用してみるといいかもしれません。


また、スタジアム内に設置しているスペクテータープラザですが、場所が分かりづらく迷ってしまう人もいるようです。

会場内にはスペクテータープラザの案内図などもあると思いますので、まずはそちらを参考にしてみてください。

特に横浜会場は分からなくて断念したという声もSNSにありましたので、横浜会場に行かれる方は迷われるかもしれませんので、お気をつけください。

参考までに、横浜会場のスペクテータープラザに関するツイートを載せておきますね。


スペクテータープラザはチケットを持っている人だけしか入れない特別なエリアになるので、ぜひ行ってみてくださいね。

ラグビーW杯2019|スペクテータープラザの混雑具合

スペクテータープラザの混雑具合ですが、他のブースなどに比べて、格段に空いているようです。

飲食物やグッズなどあまり並ばずに買えたというような書き込みがSNSでも多く見受けられます。


スペクテータープラザ以外の飲食物の販売では、1〜2時間待ちというのも多いみたいですが、スペクテータープラザは5分もしないで買えたという圧倒的な速さで購入できた人がいるようなので、とてもおすすめですよ。

また、特に女性用のトイレはどこも混雑しがちなのですが、このトイレについてもスペクテータープラザは混雑していないようです。

仮設トイレと聞くと、汚いイメージがあるかもしれませんが、利用者の声を聞くとキレイだったということなので、こちらも合わせて利用するといいと思います。

スペクテータープラザについて調べていて思ったのですが、来場者への周知度が低く、存在を知らずに利用できなかったという人も多いみたいなので、そういうところもあって混雑もあまり無いのかもしれません。

知っている人にとっては思わぬラッキースポットになるかもしれませんので、ぜひチェックしておきましょう。

まとめ

ここまで、ラグビーW杯2019のスペクテータープラザのブース内容や営業時間、混雑状況についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

スペクテータープラザと聞くとどんな場所なのか想像がしにくいですが、各開催都市で設置されているファンゾーンのようなものだと思ってもらえるとイメージしやすいかもしれません。

各スタジアムの試合開催日にあわせて営業しており、飲食物の販売や、パブリックビューイングなどが楽しめます。

スペクテータープラザについての周知度が低いためか、びっくりするくらい混雑していない様子ですので、混雑を避けたい人にはおすすめです。

早めに会場に訪れて、スペクテータープラザで一通り楽しんでから試合を観戦するというのもいいと思いますよ。

ぜひスペクテータープラザを有効活用して、ストレスなく試合観戦を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク