エンタメ

村元哉中(アイスダンス)の経歴や出身大学は?高橋大輔とのペア結成理由も!

スポンサーリンク

2019年9月26日にフィギュアスケート選手である高橋大輔さんが、男子シングルからアイスダンスに転向するとの発表がありました。

アイスダンス!?とその競技に驚かれた方も多いのではないでしょうか。

今後は村元哉中さんとカップルを組んで活動するということで、相手役の村元哉中さんにも注目が集まっていますね。

村元哉中さんとは一体どんな経歴の持ち主で、どんな人なのか私も気になってきてしまいました。

また、高橋大輔さんと村元哉中さんがカップルを結成した理由についても知りたいですね。

そこで今回は、村元哉中(アイスダンス)の経歴や出身大学の他に、高橋大輔さんとのカップル結成理由についても調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

村元哉中(アイスダンス)の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

読売新聞さん(@yomiuri_news)がシェアした投稿

村元哉中さんは、5歳のときに地元の神戸ポートアイランドスケート場に遊びに行った際に、教室に入らないかと誘われてフィギュアスケートを始めました。

その教室がきっかけで本格的に試合にも出るようになり、活躍の幅を広げていきました。

中学校の時に練習が嫌になり、周りのみんなみたいに遊びたいと数ヶ月スケートから離れた時期もあったようですが、離れてみると何か物足りなく感じ、そこでスケートが好きなんだと気づいたそうです。

大学進学時はアメリカに行こうか悩んだこともあったみたいですが、村元哉中さんのお姉さんが日本の大学に行きながらスケートをしていたこともあり、同じ道を進もうと決めたようです。

その後、メキメキと技術を上げていった村元哉中さんは様々な大会で表彰されます。

2007-2008シーズンでは、初めての全日本ジュニア選手権で8位入賞

2008-2009シーズンでは、ISUジュニアグランプリで3位

2011シーズンでは、トリグラフトロフィーで2位

2014-2015シーズンから、野口博一さんをパートナーとしてアイスダンスに転向。

全日本選手権では3位に入賞

2015-2016シーズンではパートナーをクリス・リードさんに変更し、全日本選手権で優勝

メンターネスレネスクイックトルン杯では2位となり、初めて国際大会の表彰台に。

2016-2017シーズンでは、USインターナショナルクラシックで銀メダル獲得

全日本選手権は連覇を果たす。

2017-2018シーズンでは、全日本選手権で3連覇を果たし、平昌オリンピックに出場

こんな素晴らしい経歴をお持ちの村元哉中さんの演技、とても気になりますよね。

平昌オリンピックで日本最高タイ15位を獲得したアイスダンスのフリーの演技を発見したので、是非ご覧になってみてください。

村元哉中とクリス・リードの演技を見る

1:58〜の衣装の変化にも注目ですよ。

村元哉中(アイスダンス)の出身大学

村元哉中さんは神戸カナディアンアカデミー国際学校というインターナショナルスクールを卒業した後、関西大学人間健康学部に進学し、卒業されました。

ご自身がスポーツをやられているというだけあって、大学での学びもスポーツを科学的に研究できるところを選ばれたようです。

ここで村元哉中さんのプロフィールについて詳しくご紹介します。

村元哉中のプロフィール

名前:村元 哉中(むらもと かな)
生年月日:1993年3月3日
年齢:25歳(2019年9月現在)
出身地:兵庫県明石市
身長:162cm
所属クラブ:木下グループ

高橋大輔さんは身長が165cmなので、お二人はあまり身長差が無いんですね。

身長差がない方が、ステップをするときに同調しやすく美しく見えるので、お二人はぴったりなカップルだと思います。

また、高橋大輔さんはステップもとても上手なので、そういった技術をこのアイスダンスで村元哉中さんとともに表現できたら、とても素敵な演技ができそうだなと期待してしまいますね。

高橋大輔とのペア結成理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

あこさん(@skakokoko)がシェアした投稿

村元哉中さんは、2018年8月9日にもともとカップルで活動していたクリスさんとの解消を発表されました。

そこから、2019年の初めごろに、村元哉中さんの方から高橋大輔さんにアイスダンスに興味がないか連絡を取ったそうです。

高橋大輔さんは、興味はあったものの年齢なども考え、今からアイスダンスを始めて間に合うのかという不安もあり、その場では即答せず保留にしたようです。

しかし二人にとっての転機はすぐにやってきます。

2019年の夏に行われたアイスショーでお二人は共演することになり、そこで滑った瞬間に、高橋大輔さんの世界が広がったようなそんな今までとは違う世界が見えて、一緒に滑ってみたいと決意できたんだそうです。

もともと、高橋大輔さんはステップも上手でしたし、表現力が豊かな演技をされていたので、アイスダンスでもその実力を発揮できるのではないでしょうか。

そんな高橋大輔さんを支え、共に成長していく村元哉中さんにも期待ですね。

お二人が見据える先には2022年の北京オリンピックがあります。

あと2年という短い時間でどれだけお二人の息が合ってくるのか、どんな演技を見せてくれるのか、今後の活躍に注目ですよ。

まとめ

ここまで、村元哉中さんの経歴や出身大学、高橋大輔さんとのカップル結成の理由などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

村元哉中さんもフィギュアスケートからアイスダンスに転向された経歴をお持ちの方だったんですね。

高橋大輔さんの今回のアイスダンスへの転向も、自身が体験しているからこそ支えてあげられることもあるのではないでしょうか。

村元哉中さんとクリス・リードさんがカップルを組んでいたときには、「かなクリ」と呼ばれて親しまれていましたが、高橋大輔さんとカップルを組んだら「かなだい」というような呼び名になるんでしょうか。

お二人で2022年の北京オリンピックを目指しているということなので、今後の活躍にも期待ですね。

スポンサーリンク