お役立ち

マスクを売ってる店や栃木の在庫あり入荷状況は?穴場店舗や通販も!

スポンサーリンク

連日、新型コロナウイルスのニュースが世間を騒がせていますね。

ついに2020年2月22日(土)には、栃木県でも初めての感染者が1名出たとの報道も。

栃木県|コロナウイルス感染患者の病院はどこ?指定医療機関を調査!新型コロナウイルスが猛威をふるっており、日に日に不安な気持ちが募っていきますね。 2020年2月22日(土)には、栃木県でも初めて...

栃木県は以前よりクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」でコロナウイルスの陽性反応が出た患者を受け入れていました。

しかし、それ以外での感染者はいなかったため、今回の栃木県での感染は地元民も大きな不安を与えたことだと思います。

マスク着用やこまめなアルコール消毒など予防にも意識が向きそうですが、相変わらず店頭にはマスクが足りません。

欲しいけど品切れで買えない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「マスクを売ってる店や栃木の在庫あり入荷状況は?穴場店舗や通販も!」と題して、

栃木県内のマスク売り切れ・入荷状況や在庫ありの穴場店舗、通販の情報について調査していきたいと思います。

マスク不足で悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

マスクの売り切れ状況

マスク不足は1月末くらいからニュースなどで取り上げられていましたが、そこからあっという間に在庫がなくなってしまいました。

マスクの生産を増やしているようですが、まだ実感としてマスクが増えたと感じている人は少ないと思います。

SNSでもマスク不足を嘆く人も多く、感染者が出た今後はさらにマスクへの需要が高まることが予想されます。

現在、栃木県内では、ほとんどのコンビニやドラッグストアではマスクが売り切れている状況です。


マスク不足が続いている理由の一つは、中国人によるマスクの爆買いです。

中国でもコロナウイルスの感染拡大が問題となっており、日本在住の中国人が母国に少しでも多くマスクを送ろうと買い占めている実態があるようです。

また、最近ではマスクを高額で転売して儲けようとする人も出てきましたね。

メルカリなどのフリマアプリでは注意を呼びかけていますが、転売がなくならないのが現状です。

こういった人たちがいることで、必要な人に必要な枚数のマスクが行き渡らないのかもしれません。

マスク不足が解消されるまでには最低でも2週間以上はかかるのではないかと推測されます。

お店によっても入荷時期や入荷する個数が異なるようですので、事前に確認してみるといいかもしれませんね。

栃木のマスクを売ってる店の入荷状況や在庫ありの穴場店舗・通販

マスクを売ってる店がなかなか見つからないとお困りの方も多いと思います。

ここでは、栃木県内でマスクを売ってる店の情報や在庫がある通販などをご紹介していきます。

マスクは入荷から売り切れまでのスピードが早いので、ご紹介後にすぐに売り切れてしまう可能性もあります。

お近くに住んでいる方はぜひお早めに足を運んでみてくださいね。

ファッションセンターしまむら


しまむらは洋服を販売しているイメージが強いためか、なかなかマスクを販売していることを知らない人も多いみたいですね。

店舗によって取り扱っている種類や個数など変わってきますので、気になる方は事前に問い合わせしてみるといいかもしれません。

不定期ですが入荷しているとの情報もありますので、運が良ければGETできそうです。

家電量販店


最近では家電量販店で日用品を取り扱っているのもよく目にしますよね。

電気屋は店舗が大きいところが多いため、マスクもワゴンいっぱいに準備していることが多いです。

穴場店舗の狙い目は、マスクの宣伝がチラシに載っていない家電量販店です。

もちろん、チラシに宣伝を載せているのであれば、開店前から並んで買ってもいいのですが、それだと少し大変ですよね。

チラシに載っていないけどマスクを売っている店舗は、在庫が残っている可能性が高いのでオススメです。

その他

SNSにアップされている栃木県内のマスクの在庫・入荷情報をご紹介していきます。


SNSの在庫情報をまとめると

・ツルハ薬局 新栃木店
・ドンキホーテ栃木店
・ウエルシア薬局今泉新町店
・宇都宮市ベルモール内にあるイトーヨーカドー
・宇都宮市のサンキ
・鹿沼の千渡のカワチ
・佐野駅前のセブンイレブン
・栃木県足利市のマスク屋さん

マスクは販売していても品薄で、個数制限がかけられていたり、店頭に置く量を制限していたり、買い占め対策としてお店側も様々な措置を取っているようです。

突然マスクが入荷することもありますので、こまめにお店をチェックしてみるといいかもしれませんね。

通販

通販のマスクも売り切れの状況が続いており、なかなか在庫が復活しません。

かろうじてドラッグストアなどで買うよりも高値の物であれば在庫があるところも。

マスク 50枚 mask イヤーループ式 3層型 新型コロナウイルス 粉塵 微粒子 微生物 カット 1箱/50枚入 サージカルマスク(ブルー、ホワイトともあり、色選択不可)

価格:6,280円
(2020/2/22 23:43時点)
感想(0件)

しかし、どれをみても高額な価格設定がされているものが多く、どうしても欲しいんだ!という人以外はあまりオススメできません。

そんなマスク難民におすすめなのは、こちらの布マスクです!

使い捨てマスクとは違い、布マスクは何度も洗って繰り返し使えるというのがメリット!

立体形状 男女 兼用 2個セット 洗える マスク 日本製 UVカット 個包装 M Lサイズ 繰り返し使える 布マスク 女性 男性 大人用 子供用 サイズ 紫外線 大きめ シンプル 風邪 かぜ 花粉症 対策 ウイルス ウィルス インフルエンザ 予防 通勤 通学 立体 抗菌グッズ 送料無料

価格:2,880円
(2020/2/22 23:45時点)
感想(0件)

洗い替えに2〜3枚持っておけばしばらくはマスクの心配はしなくても良さそうです。

選び方のポイントとしては、少し大きめのものを買う!

なぜなら洗濯すると縮んでしまうことがあるからです。

洗濯したら思ったより小さいな(実体験)と思うことがあるので、そのことを考慮して買うといいかもしれません。

シンプルな無地のものから、お花柄の可愛いものまでいろんな種類があるので、この際オシャレを楽しむのも◎。

使い捨ては使い捨ての良さがありますが、布マスクのコスパはとてもいいですよ!

このようなマスク不足の緊急事態には、大活躍間違いなしです!

マスク不足が落ち着くまでは布マスクで対応するというのも一つの方法だと思います。

まとめ

栃木県でも初の新型コロナウイルス感染者が出たということで、今後ますます予防への意識が高まることだと思います。

今はまだマスクを着用せずに外出をしている人も見かけますが、それは自分を危険にさらしているようなものです。

また、周りの人に悪い印象を与えかねません。

周りの人が予防してるから大丈夫、ではなく、自ら積極的に予防する姿勢を取ることが大切なのかもしれませんね。

マスク不足で予防が難しい人もいるかもしれませんが、使い捨てマスクが手に入らないなら、布マスクで対応するという方法もあります。

使い捨てマスクが絶対!というわけではありませんので、柔軟に対応してみてくださいね。

ちなみに、メルカリなどのフリマアプリで販売されている手作りの布マスクは1枚300円〜とかなり安いです。

手軽に買えるので試しに使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク