お役立ち

マスク売り切れ状況は?宮城の在庫ありの穴場店舗や通販も調査!

スポンサーリンク

この時期になるとインフルエンザや花粉などの対策として、マスクで予防する方が多く見受けられますね。

今年は新たにコロナウイルスの流行も拡大しており、全国各地でマスク不足が起きているようです。

2020年2月29日(土)には、宮城県内で初のコロナウイルス感染者が確認されたとの報道も!

宮城県|コロナウイルス感染者受け入れ病院は?指定医療機関を調査!新型コロナウイルスの感染が拡大しており、いつ収まるのかと不安の声も多く聞かれます。 横浜港に停泊していたクルーズ船「ダイヤモンド・...

スーパーやドラッグストアを覗いてみても、品切れや個数制限などがかけられているのを見かけるようになりました。

『マスク足りない』や『マスクがない』がツイッターのトレンドになるほど、マスク不足の問題は深刻なようです。

マスクが欲しいのに買えなかったという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、マスクの売り切れ状況や宮城の在庫ありの穴場店舗や通販について調査していきたいと思います。

マスクが手に入らず困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

マスクの売り切れ状況

マスクの品薄は1月末ごろから見られはじめました。

ニュースでも報道され、さらにマスク需要が高まり、そこから2〜3日で売り切れ店舗が続出しているようです。

最初は東京や大阪などの中心部でしたが、現在では地方でもマスクの売り切れが相次いでいるとのこと。

売り切れていると報告されているのは主に薬局ドラッグストアが多いです。

マスクを販売しているといえば・・・というような店舗ではもう在庫がないのが現状です。

マスクを欲しているのは日本人だけではなく、観光に訪れた中国人もマスクを大量に買い占めていることもあり、なかなか供給が追いついていないように思います。

昨年のインフルエンザの流行時期にもマスクがたくさん売れましたが、その際には売り切れから1〜2週間で在庫が復活している店舗が多くありました。

今年の場合はコロナウイルスの対策のために、昨年よりもマスクの需要が高まっているため、1〜2週間で在庫が復活するかは微妙なところです。

運よくマスクが販売されているのを見かけたら買ったほうがいいかもしれませんね。

宮城の在庫ありの穴場店舗や通販

マスクの売り切れや品薄が続いていますが、その中でも穴場店舗があり、そこではまだ在庫がある可能性があります。

近くの薬局やドラッグストアでマスクが売り切れていて買えなかった人は、下記店舗で探してみてください。

ファッションセンターしまむら


しまむらは衣料品の販売が印象的ですが、実はマスクなどの日用品も取り扱っているんです。

しまむらにマスクが売ってあるというイメージがあまりない人が多いため、意外と在庫があることが多いみたいです。

店舗によって取り扱っているマスクは若干異なるかもしれませんが、箱入りマスクや数枚入りのマスクなどがあるようです。

ワークマン


ワークマンもあまりマスクを販売しているイメージはないかもしれませんね。

作業服などを取り扱っていますが、粉塵対策としてマスクを取り扱っている店舗が多いのです。

こちらも箱入りマスクが購入できる可能性が高いですし、マスクと聞いてパッと思いつかないお店なので穴場ですよ。

家電量販店(ヤマダ電機など)


ヤマダ電機や上新などの電気屋さんでも、最近ではマスクなどの日用品を取り扱っています。

意外とワゴンに山積みで在庫があったりするので、狙い目かもしれません。

中心部より地方の電気屋さんの方が在庫が残っていることが多いみたいです。

ただし、チラシに載っていたりすると人が殺到し、すぐに売り切れることも。

チラシを配布していない店舗や、チラシに載せていない店舗が穴場かもしれませんね。

その他

SNSに投稿されている宮城県内のマスク情報をまとめてみました。

通販

通販のマスクもどこも売り切れの状態です。

販売しているものだと、ドラッグストアなどで買うよりも高値の物であれば少しは在庫があるようです。

【予約販売※3/10頃入荷予定】マスク 50枚 男女兼用 三層構造 不織布マスク ブルー 青 レギュラーサイズ 花粉対策 大人用 【※お一人様2点まで】【カラー:BLUE】【50枚セット】

価格:5,492円
(2020/2/29 09:29時点)
感想(0件)

また、使い捨てのマスクは売り切れていますが、洗って何度も繰り返し使える布マスクはまだ販売しているところがあります。

【販売中】全10色 ウイルス対策 マスク 花粉 予防 花粉カット 風邪 マスク 布マスク 洗えるマスク メンズ レディース 男女兼用 サイズ調整 快適 耳が痛くない お肌に優しい 繰り返し

価格:2,310円
(2020/2/29 09:30時点)
感想(4件)

布マスクは現代では使用している人があまり見かけなくなりましたが、使い捨てよりもコスパはいいかもしれません。

マスク不足が落ち着くまでは布マスクで対応するというのもアリだと思います。

まとめ

1月末からマスクの品薄・売り切れが続いていますが、まだまだ店舗によってはマスクの在庫があるところもあるようです。

薬局やドラッグストア・ダイソーなどの、マスクを販売しているイメージが強い店舗は売り切れている可能性が高いので避けましょう。

現状ではしまむらやワークマン、ヤマダ電機などの家電量販店が穴場となっていますので、そちらをメインに探した方がいいかもしれません。

お店によっては在庫が入り次第、連絡をくれるところもあるようですので、どうしても使い捨てマスクが欲しい方はお店の人に聞いてみるといいでしょう。

通販でも販売しているところもありますが、1箱で1万〜2万と異常な値段で販売しているところもありますので注意してください。

メルカリなどのフリマアプリでも、定価の10倍以上の値段で取引しているものも見受けられます。

1〜2週間くらいで在庫が復活する可能性もありますので、しばらく使う分の確保ができているのであれば、焦らず在庫が復活するまで待つのも一つの手です。

また使い捨てのマスクではなく布マスクを使用するというのもいいと思います。

過剰に反応せず、落ち着いた対応をとるようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク