エンタメ

張り紙をした立川市の病院はどこ?「医療は限界五輪やめて」と悲痛な叫びが話題!

スポンサーリンク

立川市にある某総合病院の窓にとある張り紙が貼られているのが話題になっていますね。

その張り紙には医療従事者の悲痛な叫びが表れています。

なかなかこういった現状を文字化して伝える行動を取っている人は少ないですよね。

一体どこの病院が張り紙をしていたのか気になります。

そこで今回は、『張り紙をした立川市の病院はどこ?「医療は限界五輪やめて」と悲痛な叫びが話題!』と題して、

icon-check張り紙の内容は?

icon-check張り紙をした立川市の病院はどこ?

icon-checkネットの反応は?

についてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

張り紙の内容は?

立川市にある総合病院の窓に突如あらわれた大きな張り紙。

そこには、

「医療は限界 五輪やめて! もうカンベン オリンピックむり!」

という文字が印刷されていました。


医療従事者の方の悲痛な叫びに胸が痛みますね。

ネットの目撃情報によると、2021年4月30日ごろにはすでに張り紙が貼られていた様子。

GWの期間に合わせて張り紙をしたのでしょうか。

当直の事務職員の話によると、病院のスタッフが貼ったという今回の張り紙。

思っていることをなかなか言えない状況をどうにかしたいと行動に移したのかもしれません。

最近では、まん延防止等重点措置だけではなく緊急事態宣言も発令され、世の中は深刻な状況になってきています。

ますます医療現場への負担が大きくなっており、医療従事者の方の身体が心配です。

少しでも早く負担が軽減されればいいのですが・・・なかなか難しいですよね。

ダーリンくん
ダーリンくん
自分にできることはないのか考えなくちゃね。

張り紙をした立川市の病院はどこ?

ハニーちゃん
ハニーちゃん
張り紙をしたのは、立川相互病院

張り紙で医療従事者の悲痛な叫びを訴えたのは、立川相互病院です。

◆立川相互病院
住所:東京都立川市緑町4-1

実際に、張り紙を目撃した人もいるようですね。


病院近くから見えるだけではなく、モノレールからも見える位置に張り紙をしていたようです。

こういった行動を取る病院が1つ出たということは、今後も同じようなことをする病院が出てくるかもしれません。

それほど医療現場は大変な状況にあるということなのでしょう。

未だにオリンピックの開催可否については正式な決定がなされていません。

このような行動を取る病院が出てきている中で、どのように判断していくのでしょうか?

一刻も早く今の世の中が少しでも明るい方向に動いていくことを願っています。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

今回の騒動に対して、ネット上では様々な反応がありました。

病院と同じようにオリンピック開催を反対する意見の方や


今回の騒動は政治的なパフォーマンスの一部だと捉えている方も。


立川相互病院は色々と地元では有名な病院のようですね。


どこまでが政治的な思惑による行動なのか分かりませんが、少なくとも医療現場に大きな負担がかかっていることは確かです。

少しでもそういった方々の負担が減るような方向に動いてほしいものですね。

まとめ

今回は、医療現場の悲痛な叫びを張り紙で訴えた立川市の病院についてご紹介してきました。

張り紙の内容が医療従事者の心の叫びなのか、政治的な何かを含んだパフォーマンスなのか、ネットでも様々な意見が見られましたね。

今回のような行動を他の病院が真似をする可能性も否めません。

それだけ医療現場が疲弊しているという状況なんだなと思います。

医療従事者に感謝の気持ちを忘れず、少しでも自分ができることを探して行動していきたいですね。