エンタメ

嵐の奉祝曲(国民祭典)の歌詞や意味は?作詞作曲や発売日も調査!

スポンサーリンク

2019年11月9日(土)に天皇即位を祝う式典(国民祭典)が行われます。

そこで、嵐が奉祝曲を披露するとあって、決定時から大きな話題となりました。

今回披露する曲は、嵐の既存の曲ではなく、天皇即位を祝うために作られた新しい曲です。

国民祭典の前夜には、リハーサルも行われていました。

その様子をたまたま見ていた人がいたようで、歌詞を聞いて泣けると話題になっています。

歌詞に込められた想いや意味など気になりますね。

また、誰による作詞作曲なのかや奉祝曲の発売日なども知りたいところです。

そこで今回は、嵐の奉祝曲(国民祭典)の歌詞や意味、作詞作曲や発売日について調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

嵐の奉祝曲(国民祭典)の歌詞や意味は?

まずは、リハーサルの様子がツイッターに投稿されていたので、こちらをご覧ください。


メロディーを聞いただけで、心に染み渡っていくような、あったかい気持ちになれるような、そんな優しい曲ですよね。

壮大な感じで、国民祭典で歌われる奉祝曲にぴったりだなと思いました。

今回の曲のメインテーマは「水」なんだそう。

歌詞の中にも「水」というワードや、「しずく」といった関連ワードが散りばめられています。

気になる歌詞全文はこちらです。


いかがでしょうか。

あなたはこの歌詞にどんな意味や想いが込められていると思いますか?

私はこの世界の希望を歌っているようなそんな歌詞に思えます。

生き物や自然と共に生きていくことの素晴らしさ

夢や愛を語り合って希望を見出していくことの大切さ

笑顔があふれる世界への願い

そんな想いが歌詞に込められているのかなと感じました。

誰か一人の物語ではなく、大衆の希望や未来を願う歌なのかもしれませんね。

心に刺さってくる歌詞なので、ハンカチは必須かもしれません。

メロディーとともに歌詞の意味を考えながら聴くと、感動してしまいますね。

嵐の奉祝曲(国民祭典)の作詞作曲や発売日は?

国民祭典で歌われた嵐の奉祝曲が、とっても感動的な曲なのですが、誰が作詞作曲したのか気になりますよね。

そこで、嵐の奉祝曲の基本情報をまとめてみました。

嵐の奉祝曲(国民祭典)

曲名:「Journey to Harmony」
作詞:岡田惠和
作曲:菅野よう子

発売日:未定

曲名については、現段階では公表されていなかったので、分かり次第追記しますね。

作詞は、朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本家としても有名な岡田惠和さんです。

作曲は、アニメやゲーム、ドラマや映画など様々な分野の音楽を手がけている菅野よう子さんです。

このスペシャルなお二人が作詞作曲を務めるのですから、そりゃいい曲になりますよね。

これを嵐が歌うなんて、最高すぎです!

この曲をいつでもどこでも聞けるように、ダウンロードしたりCDを購入したいと思いますよね。

発売日について調べてみたのですが、まだ発売については未定で情報が出ていませんでした。

とはいえ、奉祝曲として発売はされると思うので、情報が入りましたら追記していきますね。

まとめ

ここまで、嵐の奉祝曲(国民祭典)の歌詞や意味、作詞作曲や発売日についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

嵐の奉祝曲の感動的な歌詞に思わず涙してしまった人もいるのではないでしょうか。

リハーサルの動画だけでも、すでに心に響いてハンカチを濡らしたという人もいたみたいだったので、本番での歌唱ではもっと多くの人の心に届くと思います。

作詞作曲も有名な方々のコラボなので、さすがとしかいいようがありません。

こんなに素晴らしい曲ならもうスマホに入れていつでも聴けるようにしたいですよね。

嵐の奉祝曲の発売日については、まだ公表されていないので、分かり次第追記していきますので、もうしばらくお待ちください。

スポンサーリンク